トーフラーメン 幸楊 (西浦和)
 埼玉、ラーメン食べ歩き初上陸!

その栄えある一店目は、西浦和の「トーフラーメン幸楊」。
石神本によると埼玉の一部で定番になりつつあるトーフラーメン。
そのトーフラーメンを35年前に考案したという店主がきりもりするのがこちらの幸楊。
しかし中目黒は都内外問わずどちらへも比較的行き易い。
今回の西浦和へでも恵比寿から埼京線で武蔵浦和まで乗り武蔵浦和から一駅で
ここまで来る事が出来る。
店内は5席程のカウンターとテーブル席が8席程。浦和レッズの選手のサインなどが貼られている。
e0056676_132758.jpg

じつは石神本にはこちらの店のトーフラーメンでは無く、今時らしく「醤油つけメン」を推している。
重量感あるスープと国産小麦を使った喉越しの良い麺を使用した逸品らしいが、個人的には
つけ麺は食べたい時とそうで無い時がはっきりしており辛い物も好きなほうなので
まずは「トーフラーメン」600円にトライ。
トーフラーメンは、日にちの語呂合わせで毎月12日は100円引きと更に安い。
e0056676_1344430.jpg

肝心のトーフラーメンは安いからと言ってボリュームにも手抜きは無くて
たっぷりの麺量とスープの上に一丁近くは使ったと思える熱々トーフがとろみを生かした
マーボー豆腐のように盛られた感じ。
挽き肉も旨いマーボー豆腐で辛さも控え目。
麺は黄色が濃いちぢれ麺。トッピングの主役が豆腐だけにかなりするっと食べられる。
後はネギとウズラタマゴといたってシンプル。
お店の雰囲気は近所の学生が体育会系クラブを終えてお腹を空かせて数人で食べにも
来るような地元にもかなり根強い人気ある雰囲気。
トーフラーメン以外にも店主オリジナリティ溢れ、「田島ラーメン」700円は黒ゴマを生かした
ラーメンとか…興味深い他のメニューも多彩で又来たい店。
しかし此処まで来ると家賃が安いなあ…ワンルームだと5万切る物件も少なくない。
# by one-thug | 2007-02-17 01:34 | 外でごはん
まんぼう亭 (武蔵小金井)
武蔵境から二駅西へ。
またまた小金井。武蔵小金井駅南口を降りて商店街を南下。
程なく出くわす大きめの通りを西へ。途中の小金井市役所をやり過ごしそのまま5分以上さらに西へ歩くと立派な小金井警察と新小金井街道に当たる。
その街道を南に曲がると貫井トンネル。そのトンネルを抜け約5分、大型スーパーなどの先に街道沿いにその店は現れる…
と、とにかく駅からは距離があり車で行くべき店かな…
店内を入ると女性店主が一人できりもりする様子。
「半バラらーめん」850円を注文。バラ肉らーめん1000円にしようとも思ってた物のそれなりに腹は膨れていたので特製バラ肉が一つの半バラにしておいた。
e0056676_1251785.jpg

やはりこれが正解と出てきたラーメンを見て思った。
全体的にそれなりにボリュームがある。
しっかりと魚介の効いたスープは色を見ても上手く抽出された節系がかなり効いたスープである事が判る。
なかなか濃さがありボディーある味わいスープで豊かな味わいは美味。
サバ節、昆布、宗田節、干ししいたけ、焼きアゴなど店主が厳選した素材によるのスープとか。
麺はちぢれた中細麺。
最大の特徴はトッピングの主役とも言える特大バラ角煮である。
厚さは3センチほどあろうかと言うその角煮バラ肉は脂身の旨味と赤身の旨味がバランス良く、じっくりと仕込みに三日かけているというだけあってサイズの大きさもボリューム満点で美味。
後はメンマと青ネギがトッピングされている。
滋味あふれる味わいスープ、ちぢれ麺、特大チャーシュー、この三者が一体となったラーメンで店主のサービス精神も味とボリュームから感じられる一杯。
e0056676_126124.jpg

# by one-thug | 2007-02-17 01:26 | 外でごはん
麺屋 武蔵 二天 (東池袋)
1月27日の3軒目。
池袋に来たので武蔵の姉妹店二天に来た。玉豚天ら~麺880円を注文。
閉店時間の21時頃入店したが閉店30分前であったようで週末という事もあって閉店間際に客が一気に増え、席が埋まるような感じだった。
しかし前から気にはなっていたが、一体、豚天が載ってるってどーゆー事?
と思ってましたがようやく目の前にする事ができました。
e0056676_111415.jpg


スープはインパクトある所謂いまどき魚介系豚骨のスープが
しっかりとした味わいで、トッピングの味の濃さにも負けていない。

トッピングの目玉は、なかなかボリュームもあるその豚天。
青海苔をまぶし、さっと揚げてある豚の天ぷら。
これがなかなか魚介豚骨によく合いますね。さすがは多くの引き出しを
持つ麺屋 武蔵のアイデアの結晶みたいなラーメン。
また揚げた味たまも同様にインパクトスープに全然負けておらず、ぴたっとはまる。
21時半までの営業時間、もう少し延ばしてくれんやろか・・
ちょこちょことたまに行きたい店なんだよなぁ~
麺屋武蔵は厨房や店内のキレイなところもやはり好感持てますね。
入りやすいです。
# by one-thug | 2007-02-17 01:17 | 外でごはん
つけ麺 らーめん 竹屋 (花小金井)
本日、二軒目。
あまり時間が無かったので、「宝」の田無からタクシーで移動。
ワンメーター程で着いた。
 駅からは結構ある。バスを使ったほうが無難な距離。バスを使えば帰りは花小金井を抜けて武蔵小金井からJR中央線を使う事も出来るとタクシーの運転手は教えてくれた。
国道沿いには大型の電気屋やホームセンターが立ち並びラーメン屋も競争相手は少なくはなさそうな場所である。20分ほど待った。
e0056676_1373095.jpg

店は8席程しかなく回転は良くは無い感じ。週末という事もあってかこの手のラーメン専門店にはめづらしく家族連れが多いが、これも場所的な理由に思えた。
都内でもこのあたりの郊外まで来ると若い世代の家族が多いのだろう。
まだ子供も幼い家族連れの多い店内で狭い事もあって賑やか。
ラーメンとつけめんがあってメニューはいたってシンプル。
プラスαで大盛があり、極太麺が20食限定で選べる。
麺の感じやスープの感じから大久保のはやしに似ているかと感じられたが、近からず…
遠からず…
e0056676_1375351.jpg

この手のつけ麺のスープの割に酸味は控え目なのは自分の好み。
麺はボリュームある。ツルツルした食感良く食べやすいおかげで以外とあっさりと頂けて食後の余韻も良い。あじたまは普通かな。チャーシューがロースハムみたいなちょっと変わった感じで自分は好きだな。
子供連れにも優しい店の様子。地元客に愛させる絶大な人気を誇るつけめんがお薦めの店のようで。
# by one-thug | 2007-02-05 01:37 | 外でごはん
麺家 宝 (田無)
「抽出の強いスープの濃さに店主の強い意思を感じる田無の魚介豚骨」

 田無も始めて来たなあ…なかなか日曜日のこの時間になると静かで、ちょっと寂しい
日曜日の田無の夜…
こぢんまりした駅前の雰囲気も住むには調度良いのではないかな…

元々、大泉学園の「十兵衛」、浅草の「与ろゐ屋」など魚介スープの名店に居たという店主が
やってる店のようでラーメンも同じようなタイプかと思いきや全く異なる魚介豚骨のしっかり
インパクト系の店のようである。
入店に20分程列ぶ。やはりこの手のインパクト系の人気ラーメン屋は列ぶのだ…
店の外で列んで待っていてもカツオの香りがしてきて出てくるラーメンの想像をかきたてる。
オレンジ色と紺色の暖簾や店内に法政大学出身?とでも思えてしまうような色使いの
カウンターに座ると若い店主と助手がフル回転である。
小綺麗な寸胴や器具類も清潔感があり不要な物は一切置かれず好印象。
なかなか重労働だろーな…店主と思える若い店主は小柄でかなり若そう。20代かも…若い店主と言えば、「庄の」の店主なんかを思いだしながら待っていると程なく注文の
「らーめん」600円登場。
e0056676_121516.jpg

スープは出す前に小鍋で合わせているようで忙しい中にも手間を惜しんで居ない。
器が「俺の空」に似た厚手の白い器で同じインパクトある魚介豚骨なので思いださずには
おれなかった。
二人でやっているがかなりの小気味良く若々しくきびきびフル回転が印象的…
客層も若い。
味としてはほとんど想像していた通りの味で、その抽出の強い味わいはスープだけでも
味わいとして満足感を与えてくれる。
魚粉の浮く、節の効いたスープと加水率低い太めの麺。とろっとした食感のチャーシューに
太めメンマと魚介豚骨の王道というえる内容。
「つじ田」もホープなら23区外なら都内こちらが魚介豚角のホープかも。
e0056676_1242720.jpg

# by one-thug | 2007-02-05 01:33 | 外でごはん
中国家庭料理 楊 (池袋)
「辛麺の人気店を抜けると、そこに辛さの真髄が・・」

 以前から行こう行こうとは考えていたものの、狭い中華料理屋でなかなか入れなかった。
メトロポリタン劇場側から来るとちょうど池袋の「蒙古タンメン中本」が二階にあってその階段に列を成しているその横を通り抜ける所に「楊」がある。
e0056676_0553071.jpg

今週末はたまたま空いていたせいかようやくカウンター席に座る事が出来た。
石神本にはこちらのお店の坦々麺は一食の価値ありとの事で、一見いわゆる中国人の方
の経営する中華料理店なのだが、気になる物は気になるしイチゲンは一人ではなかなか
入りづらい店ではあったが突入。
当然「坦々麺」を注文。
e0056676_0464390.jpg

出される麺を見ると、見た目も気になるその坦々麺はスープといえる物はほとんど無く
油そばのようにも見てとれる。特製ラー油の油ソバだ(こう言うと怒られるかも)
しかしこのラー油もただの何処にでもあるラー油ではなくこちらの女性店主特製の物。
こちらの女性店主の楊さんの母親は本場四川であり、その本場そのものの味とも言える。
それだけにこの汁なし坦々麺は四川本来の姿といえるという。
一口食しただけでは判らないが、口に含んでから急激に口の中でその辛さのパワーを
発揮して来る。はっきり言って、かなり辛い…
この舌の上が痺れる感じはなかなか無い。
しかしこれを更に食べすすむと麻の甘さもじんわりと感じてくるように…
しかし辛いのは辛いので辛い物苦手目の人も止めておいたほうが良いか…
自分には辛過ぎかな。
麺が少し変わっている。太目のもちもちとした食感が心地よく旨い。

まあ旨いと言う人は旨い、ダメだと思えば駄目。自分はというとあっさりシロハタ(大汗)
横に座った中年サラリーマンの人もいかにもイチゲン…
つらそうに食べていたのが印象に残った。
ピーナッツをすり潰した甘さと痺れる辛さは間違いなく本場仕込み。
自分は辛いのは結構大丈夫かと思ってたんだけどなあ…
# by one-thug | 2007-02-05 00:55 | 外でごはん
こうかいぼう (門前仲町)
「供するラーメンも最高なら、スタッフの気持ちよい接客も最高ランク」
~食べて「美味い」唸って、食べ終わっても送り出す接客が清清しい~


門前仲町駅から10分ほど歩く。成田不動さんの裏手になる。成田不動って千葉の成田かと思っていましたf^_^;東京下町風情ある門前を北に抜けた葛西橋通り通り沿いにある。
隣には「蘭丸」がある。葛西橋通りもなかなかラーメン店が多いようで。
e0056676_18203292.jpg

店に入るとカウンター6席、テーブル席4席程で時間帯もお昼時とあって15分程並ぶ。
ラーメン好きの店主が毎日食べたいラーメンというコンセプトを持って作りあげたという。
まず店のスタッフが店主と女性スタッフの二名とあってさばける数に限界がある様子。
しかしこの店主が最後まで一杯一杯作っているだけでも待つ価値がある。
(待てない人、待つ余裕のあるキモチが持てないと基本的に旨い物なんてありつけませんよね。それこそスローフードですよ。)
e0056676_18204734.jpg

タレには大島の自然塩。豚骨、鶏がら、野菜をベースに昆布、煮干しで下味で構成されたシーガルフォー水を使用して仕上げられたというスープは一口すすると感動。
丸富製麺のたまご麺は太めで柔らかめ。もちもちとみすみずしさが身上。
非常に食べやすい。仕込みに時間かけたと思われる太い特大柔らかしゃきしゃきメンマ。
青海苔にネギ。またチャーシューは箸で簡単に崩れ柔らかい。塩味付けのチャーシューでシンプルな味付けがスープにぴったり。味付け茹でたまごは浅めの煮込み加減のあじたまでこれもあくまでスープや他のトッピングとの相性を考えての物と容易に想像できスキが無い。スープの旨さは特筆物と言う感想。今時の魚介豚骨のスープの進化系というかインパクトも残しながら様々な素材の味を潰さずにスープの味わい深さを堪能させる。
プロ…ラーメン職人のお仕事とは素人には簡単に真似出来ませんよね。
店主が言う通りの「みそ汁のように毎日食せて」というのが良く解る。
料理人が意図して作り上げた物を理解し実際味わってさらにその意図を組み取れ理解できる。これも一期一会ですねf^_^;
また女性スタッフは店主の奥さんかも知れないが接客が特筆。
ラーメン店の三ツ星というのが自分の率直な感想。
# by one-thug | 2007-01-26 18:25 | 外でごはん
梅もと (目白雑司ヶ谷)
「下町のボリュームある二大美味トッピング麺」

都電荒川線に始めて乗ったf^_^;都電荒川線の鬼子母神前駅から徒歩3分。昔ながらの下町にある小さなラーメン店だが店内は特徴的で昔ながらの民家を使用したようなラーメン店で家の中の壁にはサイン色紙がたくさん貼ってある…そんな感じ。
e0056676_18162078.jpg

ねぎ豚らーめん700円を注文。
店主はおらず心配になったがほどなく注文のラーメンは出された。薄甘く肉の甘みと醤油ダレの甘みあるスープで、すっきり感の中にベースとなる下味もしっかりと取られたスープ。
肉の脂分とあいまって味わい深いスープ。
麺は支那そばでよく使われているタイプで細麺で加水率高めのみずみずしい麺。
スープがさらりとしており麺との相性も良い。
e0056676_18153442.jpg

なんといってもトッピングが魅力的。
チャーシューといえる豚は肩バラ肉を使用した物とかでボリュームがあり食べ応えあり。
やわらかく長時間味付けされ煮込まれた肉質柔らかく細い麺との食べあわせも良い。
また大盛白髪ネギが旨い。甘くしゃくしゃくと口中で最高の食感。
スープをベースにこの麺、肩バラチャーシュー、白髪ネギが三位一体となる。
想像しただけでも旨そうではないだろうか?
他ではあまり味わった事の無い「梅もと」ならではの味わいなのではないだろうか。
e0056676_18152034.jpg

# by one-thug | 2007-01-26 18:18 | 外でごはん
旭川ラーメン 旭龍 神田店 (神田)
「加藤ラーメンの食べ応えのある麺を堪能できる一杯」

仕事で日本橋に寄る機会があったので神田に立ち寄って「旭龍」に。旭川ラーメンには欠かす事の出来ないという製麺所の加藤ラーメンの長女の方が一人できりもりする店で麺は当然、加藤ラーメンの麺。
神田駅から徒歩1分ほどのガード下にありサラリーマンがついでに寄って昼ご飯を取るには調度良い。
e0056676_3234039.jpg

醤油ラーメン700円を注文。
本で見た通りの濁ったような黒いスープは特有な物。スープは意外と豚骨の味わいが強くスープの透き通っていない要因はこの為か。味は濃くいわゆる北国の味付けだけれども、そこはあくまでしっかりとした下味の施された中での味の濃さであり単に醤油辛かったりという訳では無い。
だからスープが旨い。豚骨以外に鳥ガラ、鯖節から取られた想像以上にコクのあるスープだった。(もっとすっきりした味かと思っていた)
黒めの色合いをしたチャーシューは歯ごたえがある物。メンマは比較的スタンダード。後はネギが載りといたってシンプルな構成。
e0056676_324342.jpg

加藤ラーメンの麺は色が黄色が強く、適度にコシのある歯切れ心地良い麺。
低めの加水率で時間の経過と共に麺がスープを吸う。それほど太い麺では無い物の量的にもボリュームがあり食べ応えがある。
スープも旨いが麺を味わって食べさせたいっていうのが食べていて感じるし、実際加藤ラーメンの麺をいかに美味しく食べさせるかというラーメンかも知れない。加藤ラーメンのちぢれ麺を堪能した一杯だった。
# by one-thug | 2007-01-25 03:25 | 外でごはん
らーめん たきたろう (三鷹) 
 「食後にいただく店主おすすめの杏仁豆腐が食後の余韻を良く・・」

本日二件目は三鷹まで来ました。
23区内の店で掲載店を廻ってる中でも残りの店は営業時間も短い等
行きずらい店もあり、せんだっての立川を始め先に23区外にも目を向ける事にも
なってきています。
e0056676_0351187.jpg

駅南側にあるネオン輝くきれいな中央通りをそのまま10分ちかく歩き、少し脇に入ると
店があります。
こちらのお店のラーメンは魚介たっぷりと強く薫るスープでなかなかインパクトがあり
加水率の低めの平太麺がうまいです。
この麺が魚介スープをたっぷりと吸い、麺との絡みも良いです。
しかしこの店おすすめの味付玉子は本日はすでに売り切れ残念!
大きなチャーシューは箸で持ち上げるとほろほろと崩れる。
茹でほうれん草にネギ。メンマは普通かな。
醤油ラーメンと言っても支那そばのようなあっさりとした物ではなくかなり食べ応えありインパクトのある醤油ラーメン。
e0056676_0354222.jpg

石神本にはお店によって使えるクーポンが付いているんだけども
こちらのお店の場合は店主おすすめ「杏仁豆腐200円」がサービスでなんかラッキー。
しかしこれが旨かった。
熱々のラーメンの食後に冷やした杏仁豆腐ってどうなんやろ?
と思いましたが、食後の余韻が良くなる杏仁豆腐でホッとさせられる物でした。
味は昔母親が作ったババロアを思い出す味で優しい味だけど冷えたぷるっとした
食感が食後には最高でした。
e0056676_0355084.jpg

帰りに三鷹駅で新宿まで金を見たときに武蔵境駅が一駅先だと始めて知った。
そういえばの武蔵境の話題の名店「きら星」にも近いうちにf^_^;
# by one-thug | 2007-01-24 00:39 | 外でごはん