<   2007年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
こうかいぼう (門前仲町)
「供するラーメンも最高なら、スタッフの気持ちよい接客も最高ランク」
~食べて「美味い」唸って、食べ終わっても送り出す接客が清清しい~


門前仲町駅から10分ほど歩く。成田不動さんの裏手になる。成田不動って千葉の成田かと思っていましたf^_^;東京下町風情ある門前を北に抜けた葛西橋通り通り沿いにある。
隣には「蘭丸」がある。葛西橋通りもなかなかラーメン店が多いようで。
e0056676_18203292.jpg

店に入るとカウンター6席、テーブル席4席程で時間帯もお昼時とあって15分程並ぶ。
ラーメン好きの店主が毎日食べたいラーメンというコンセプトを持って作りあげたという。
まず店のスタッフが店主と女性スタッフの二名とあってさばける数に限界がある様子。
しかしこの店主が最後まで一杯一杯作っているだけでも待つ価値がある。
(待てない人、待つ余裕のあるキモチが持てないと基本的に旨い物なんてありつけませんよね。それこそスローフードですよ。)
e0056676_18204734.jpg

タレには大島の自然塩。豚骨、鶏がら、野菜をベースに昆布、煮干しで下味で構成されたシーガルフォー水を使用して仕上げられたというスープは一口すすると感動。
丸富製麺のたまご麺は太めで柔らかめ。もちもちとみすみずしさが身上。
非常に食べやすい。仕込みに時間かけたと思われる太い特大柔らかしゃきしゃきメンマ。
青海苔にネギ。またチャーシューは箸で簡単に崩れ柔らかい。塩味付けのチャーシューでシンプルな味付けがスープにぴったり。味付け茹でたまごは浅めの煮込み加減のあじたまでこれもあくまでスープや他のトッピングとの相性を考えての物と容易に想像できスキが無い。スープの旨さは特筆物と言う感想。今時の魚介豚骨のスープの進化系というかインパクトも残しながら様々な素材の味を潰さずにスープの味わい深さを堪能させる。
プロ…ラーメン職人のお仕事とは素人には簡単に真似出来ませんよね。
店主が言う通りの「みそ汁のように毎日食せて」というのが良く解る。
料理人が意図して作り上げた物を理解し実際味わってさらにその意図を組み取れ理解できる。これも一期一会ですねf^_^;
また女性スタッフは店主の奥さんかも知れないが接客が特筆。
ラーメン店の三ツ星というのが自分の率直な感想。
by one-thug | 2007-01-26 18:25 | 外でごはん
梅もと (目白雑司ヶ谷)
「下町のボリュームある二大美味トッピング麺」

都電荒川線に始めて乗ったf^_^;都電荒川線の鬼子母神前駅から徒歩3分。昔ながらの下町にある小さなラーメン店だが店内は特徴的で昔ながらの民家を使用したようなラーメン店で家の中の壁にはサイン色紙がたくさん貼ってある…そんな感じ。
e0056676_18162078.jpg

ねぎ豚らーめん700円を注文。
店主はおらず心配になったがほどなく注文のラーメンは出された。薄甘く肉の甘みと醤油ダレの甘みあるスープで、すっきり感の中にベースとなる下味もしっかりと取られたスープ。
肉の脂分とあいまって味わい深いスープ。
麺は支那そばでよく使われているタイプで細麺で加水率高めのみずみずしい麺。
スープがさらりとしており麺との相性も良い。
e0056676_18153442.jpg

なんといってもトッピングが魅力的。
チャーシューといえる豚は肩バラ肉を使用した物とかでボリュームがあり食べ応えあり。
やわらかく長時間味付けされ煮込まれた肉質柔らかく細い麺との食べあわせも良い。
また大盛白髪ネギが旨い。甘くしゃくしゃくと口中で最高の食感。
スープをベースにこの麺、肩バラチャーシュー、白髪ネギが三位一体となる。
想像しただけでも旨そうではないだろうか?
他ではあまり味わった事の無い「梅もと」ならではの味わいなのではないだろうか。
e0056676_18152034.jpg

by one-thug | 2007-01-26 18:18 | 外でごはん
旭川ラーメン 旭龍 神田店 (神田)
「加藤ラーメンの食べ応えのある麺を堪能できる一杯」

仕事で日本橋に寄る機会があったので神田に立ち寄って「旭龍」に。旭川ラーメンには欠かす事の出来ないという製麺所の加藤ラーメンの長女の方が一人できりもりする店で麺は当然、加藤ラーメンの麺。
神田駅から徒歩1分ほどのガード下にありサラリーマンがついでに寄って昼ご飯を取るには調度良い。
e0056676_3234039.jpg

醤油ラーメン700円を注文。
本で見た通りの濁ったような黒いスープは特有な物。スープは意外と豚骨の味わいが強くスープの透き通っていない要因はこの為か。味は濃くいわゆる北国の味付けだけれども、そこはあくまでしっかりとした下味の施された中での味の濃さであり単に醤油辛かったりという訳では無い。
だからスープが旨い。豚骨以外に鳥ガラ、鯖節から取られた想像以上にコクのあるスープだった。(もっとすっきりした味かと思っていた)
黒めの色合いをしたチャーシューは歯ごたえがある物。メンマは比較的スタンダード。後はネギが載りといたってシンプルな構成。
e0056676_324342.jpg

加藤ラーメンの麺は色が黄色が強く、適度にコシのある歯切れ心地良い麺。
低めの加水率で時間の経過と共に麺がスープを吸う。それほど太い麺では無い物の量的にもボリュームがあり食べ応えがある。
スープも旨いが麺を味わって食べさせたいっていうのが食べていて感じるし、実際加藤ラーメンの麺をいかに美味しく食べさせるかというラーメンかも知れない。加藤ラーメンのちぢれ麺を堪能した一杯だった。
by one-thug | 2007-01-25 03:25 | 外でごはん
らーめん たきたろう (三鷹) 
 「食後にいただく店主おすすめの杏仁豆腐が食後の余韻を良く・・」

本日二件目は三鷹まで来ました。
23区内の店で掲載店を廻ってる中でも残りの店は営業時間も短い等
行きずらい店もあり、せんだっての立川を始め先に23区外にも目を向ける事にも
なってきています。
e0056676_0351187.jpg

駅南側にあるネオン輝くきれいな中央通りをそのまま10分ちかく歩き、少し脇に入ると
店があります。
こちらのお店のラーメンは魚介たっぷりと強く薫るスープでなかなかインパクトがあり
加水率の低めの平太麺がうまいです。
この麺が魚介スープをたっぷりと吸い、麺との絡みも良いです。
しかしこの店おすすめの味付玉子は本日はすでに売り切れ残念!
大きなチャーシューは箸で持ち上げるとほろほろと崩れる。
茹でほうれん草にネギ。メンマは普通かな。
醤油ラーメンと言っても支那そばのようなあっさりとした物ではなくかなり食べ応えありインパクトのある醤油ラーメン。
e0056676_0354222.jpg

石神本にはお店によって使えるクーポンが付いているんだけども
こちらのお店の場合は店主おすすめ「杏仁豆腐200円」がサービスでなんかラッキー。
しかしこれが旨かった。
熱々のラーメンの食後に冷やした杏仁豆腐ってどうなんやろ?
と思いましたが、食後の余韻が良くなる杏仁豆腐でホッとさせられる物でした。
味は昔母親が作ったババロアを思い出す味で優しい味だけど冷えたぷるっとした
食感が食後には最高でした。
e0056676_0355084.jpg

帰りに三鷹駅で新宿まで金を見たときに武蔵境駅が一駅先だと始めて知った。
そういえばの武蔵境の話題の名店「きら星」にも近いうちにf^_^;
by one-thug | 2007-01-24 00:39 | 外でごはん
らーめん 美学屋 (木場)
 こちらも前回一度来店し営業時間内に来た物の、スープ終了であえなく食べられなかったお店です。
今回はぬかり無くスープ切れ前に来る事出来ました。店はまるでアメリカ50'Sを思わせるような店づくりでお洒落なラーメン屋さんです。今すぐにでもバーでもやれそうな、そんな雰囲気なんです。
e0056676_1534820.jpg

ですが厨房の中を見渡すとピカピカの寸胴やスープを温める小鍋などが並び普通のラーメン屋のそれとは変わりません。しかし好感が持てるのは店内、厨房、スタッフの服装含め全てにクリンリネスが行き届いている点です。
これは女性や子連れの人にも入りやすく、今でも多くある店が汚い有名店とは違う観点を持った素晴らしい店で、この部分だけでもお店のオススメできる点ではないかと思います。
後はこのクリーンさを継続できるか?が一番大変ではと思う点ですがいつ来ても店が綺麗である事は商売上かなり重要な事だと思います。
肝心のラーメンは特脇ラーメン塩を注文。自分はこちらのラーメンを見て「くじら軒」を思い起こしましたが近いと思います。
e0056676_1541338.jpg

スープに対するこだわりは相当な物で丸鶏を主体にとられた動物系スープと干し貝柱、日高昆布、と数種の節系の合わさったたっぷりと旨味の詰まったようなコク塩スープなのです。
塩角も取れた丸い味わいで優しいスープですが様々なスープ素材から海のような香り豊かな味でもあります。麺はプツプツと心地良く歯切れ、麺自体の芯が薄くアルデンテのように絶妙の麺の仕上がりになってます。チャーシューが2枚、メンマは味自体は控え目。
また「とうかんや」に引き続きあじたまの味わいが美味。黄身の甘みがなんとも言えずまったりとしておりトッピングの中でもマストオーダーと思います。
店のクリーンさも美学ならラーメンにもしっかりと筋の一本通った所を感じさせていただけます。
by one-thug | 2007-01-20 01:54 | 外でごはん
らーめん とうかんや (南砂)
 二度目の来店で入店出来た。前は時間ギリで行き過ぎました(汗)
地下鉄南砂駅あがるとそこは公園と公団やマンションの立ち並ぶエリアで
この時間帯は人通り少なくなかなか寂しい場所です。
そんなエリアを抜けた国道沿いに店があります。
e0056676_1442657.jpg

麺は浅草開花楼の麺の様子。
最近ここの麺を使用している店が結構増えているらしい。
太めの程よく歯ごたえのある麺でスープの絡みはそれほど良くないが、
その分加水率を低めにしてあり時間の経過とともに馴染んで来るのが判る感じ。
スープは濃いめで節系の味わい利いており醤油濃いめな感じの味だがすっきり感も
あり余韻良い。
e0056676_145576.jpg

トッピングの青ネギが多めで比較的すっきりしたスープに揚げニンニクを細かくしたものを浮かせアクセントを付けている。またチャーシューも柔らかい肉質で脂身が適度で脂っこ過ぎなくて自分はが好きなタイプ。
メンマはかなり小さいが色が濃くやわらかい。
こちらのアジタマは美味です。しっかりと時間をかけて味付けされた物で黄身の濃さが半端無い。250円でたまごかけご飯も出来、下井草の「御天」以来注文しそうになったけど
二軒目もあり自重。
しかしなんと6コパック300円で販売しているというなんともありがたい!こりゃ家でタマゴかけご飯につけものでも用意して夜食に食べますか(^O^)
e0056676_1501239.jpg

おっとその前に二軒目の木場に移動!

たまごは群馬の榛名にある三喜鶏園というところで作っているものでした。
「卵太郎」というタマゴだそうで。
http://sanki-rantaro.com/
by one-thug | 2007-01-20 01:51 | 外でごはん
大勝軒 南池袋店(池袋)
木場の「美学屋」に行き間に合わず…その足で池袋の「武蔵ニ天」もぎりで間に合わず(涙)
途方に暮れたものの、二郎や屯ちんの並びにある大勝軒があった!
助かった… 一度ラーメンと決めた口になるとラーメン以外では満足出来なくないですか?
ラーメン以外でもそんな気がします。

しかし二郎の人気はとどまるところを知りませんね…池袋も列…結構時間かかりそうなのにみんな列んでます。
その横の大勝軒は席こそ満席でしたがすぐに座れました。
店はキレイな店で20席はありそう。
他にも「渡なべ」や「つじ田」の店づくりも手掛けた空間計画工房という所がやっていて
入りやすく落ち着いた店内は共通しておりこちらの大勝軒も板壁に間接証明とお洒落な
雰囲気。
そういえば「つじ田」にもあった客の木椅子の中が荷物入れになっていてこれが
画期的なんだけれども、こちらもその椅子であり共通点だった。
空間工房って渡辺樹庵氏の会社とかなんだろうか…
e0056676_1421693.jpg

もりそば650円にあじたま注文。特有の酸味ある辛めの味付け、茹で固めのあじたま。
大判チャーシューも食べ応えあり。

スープも麺も想像以上にたっぷりでボリュームがある。
なんだか横の二郎を意識して大勝軒の通常のボリュームよりも多いような気がした。
のどごし良いし太麺は旨く麺との絡みも悪くない。
またメンマも旨くつけめんは自分はこのメンマが大好きですね。
また来るかも。
by one-thug | 2007-01-20 01:42 | 外でごはん
十兵衛 (大泉学園)
昨年末に一度、日にちを間違えて定休日に来てしまった大泉の「十兵衛」。
こちらもかなり来たい店だったんだけど…ようやく。以前来た「とらのこ」とは逆で大泉学園駅からは南側にあり住宅街を抜けた先にある学芸大附属の裏手の商店が数店ぽつぽつと列んだ中ににある。
e0056676_16321912.jpg

店内入ると写真が出てる主人と厨房に二名の弟子。
店内壁には弟子の店か?彩流や麺屋 宝などの店が紹介されていた。
ここを卒業して店を興す人も少なくなさそうです。
店主の方は温厚だが頑固そうな雰囲気でもあり幾多のスタッフを育て上げてきたのも想像できるような感じの方でした。
e0056676_16361373.jpg

注文は「つけめん」あじたまトッピングでスープ割りで和風を選択しました。
ちなみにこちらで満足したければ麺は大盛がオススメ。また特製にしたほうがボリューム的にも良さそう。無化調のそのスープは酸味と甘みのバランスのスープで比較的酸味があります。ネギは控え目も食感よく適度にアクセントをつけていて美味。ナルトに小振りなメンマ、細切りチャーシューと比較的さらっと食べられて食後の余韻が良いです。またあじたまの味の濃い黄身加減申し分無く特に茹で加減が絶妙。
麺は中太麺。細切り青海苔が載り色が濃いめの食感の良い麺。駅から遠いにもかかわらず列こそ無いにしても、お客がひっきりなしに入店します。
by one-thug | 2007-01-16 16:32 | 外でごはん
与ろゐ屋 (浅草)
 休みなので稲荷町より浅草に移動。(この日の一軒目は「凡凡ハウス」)
そういえばたまには年も明けた所だし浅草ついでに浅草寺にお参りに行こう(^O^)
ということで「与ろゐ屋」の前に、浅草寺へ。
与ろゐ屋さん自体、浅草でも浅草寺の脇にあり駅からも徒歩3分ほどとかなり近い場所に
あります。
e0056676_3121980.jpg

夜中の人気無い仲見世通りしか知らなかったけどさすがに人が多いです。
仲見世抜けるとその先に立派な本堂がありこうして改めてみると浅草寺というのはかなり立派なお寺なんですね。
手を合わせて、おみくじ引いたら凶。
嫌な事も書かれてましたが人間嫌な事、辛い事から逃げたらいかんなと思う今日この頃…気にしませんf^_^;
とは言えおみくじの文末には凶の人は観音様のご加護をお祈りしてくださいとの事で、たまたま与ろい屋寄りの寺の脇に地蔵尊と観音様がありお祈りしておきましたf^_^;
e0056676_3123961.jpg

 さて「与ろゐ屋」さん。昨年訪れた「つし馬」にもかなり場所は近いですがお店は一見、
日本蕎麦のお店のようなたたずまいでご年配の方も安心して入る事が出来そうな雰囲気。
らーめん650円を注文。
刻んだ柚子の香りが温かく心地よい。
ネギも柚子同様細かくきざまれた物が使われ始めからスープの上に浮かんでいるのも
あまり見たこと無いかも。
後は基本的にはお決まりのチャーシュー、メンマ、青海苔のトッピング。
味自体にそれほどの強い印象を残す味とはいえないかもしれないが、
煮干の香りと柚子の香りが入り混じり味わい深く、安心できる味わいで
ご年配の方でも安心して入ることができるのがその味にも現れているのではと
感じた。
e0056676_3152778.jpg

by one-thug | 2007-01-13 03:14 | 外でごはん
麺屋 夢うさぎ (西葛西)
 こちらも以前からかなり気になってたお店で、出来るだけ早く食べに来ようと
思っていたもののなかなか来れなかった店。
「夢うさぎ」の前に南砂の「とうかんや」に寄ったが、既にスープ終わりで閉店しており
がっくり。
気を取り直して、西葛西にそのまま移動。結構歩いた(汗)
駅から歩く、車のほうがアクセスは楽なお店。葛西橋通りからすぐ。
e0056676_304237.jpg

時間も遅めであったので、入店できるか?不安であったが
なんとかすべりこみセーフ。どうやら自分が最後の客。
店内には、店名通りのうさぎの置物などが置かれ芸能人のサイン色紙も数枚貼られている。

「特製らーめん」880円を注文。
トッピングされたチャーシューが特に美味そうにトッピングされているのが
とても食指をそそる。
チャーシューはとろけそうな柔らかさ。小さめのチャーシューが4枚ほども入っていて
満足できる。
e0056676_305452.jpg

スープはゲンコツ、鶏がらが中心となっていて、鰹節と宗田節とのコンビネーションが
たまらなく優しく旨味ある味わい深いスープに仕上げている。
自分はよく判らなかったがナンプラーを使っているとか・・
始めからホワイトペッパーの香りが効いていて、自分には多少強すぎたかも。
ペッパーの香りが強くてスープの味に少なからず影響を感じたので・・
思ったほどのインパクトあるスープでは無いが、また食べたくなる味。
麺は比較的柔らかめで加水率ほどほどに高めの水みずしさのあるスルスルといける麺。
チャーシューも小ぶりだが食べやすく、又始めから半分に切られた半熟あじたまも
最高に濃い黄身が旨味たっぷり。
全体的に思っていた以上にあっさりと食べられ、すぐ又食べたくなる味かも。
サイドメニューを頼んでもラーメンも充分美味しく頂ける。
by one-thug | 2007-01-13 03:00 | 外でごはん