<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
千石自慢らーめん  (巣鴨)
祝日夜、白山通り、席は満杯。立ち待ち8名ほど…
はたして此処まで待つお店かどうかは食べてから…
マスコミ露出度は高そう。深夜にやってる店はありがたい。

20坪ほどの店で店員5名でフル回転。
値段が安くこれでウマケリャ言う事なし。
このアルコールはメニューに一切無しというのは良いかも…
e0056676_2413019.jpg

適度に背脂の浮く豚骨しょうゆは食べやすく今時のあっさり目で甘めと言えます。
最近よく出会う味だけど
コストパフォーマンスは申し分無い。
今、世に受ける万人向けの味だと思う。
脂多めにしようと思ったがしなくてよかった。
加水率は高めのちぢれ麺でこれもするする行けるのです。場所柄仕事帰りのサラリーマンなんかも多そうだけど意外と女性が多くビックリ。
by one-thug | 2006-09-30 02:41 | 外でごはん
らあめん英 (経堂)
 店に来るまでに道を大きく間違えた(汗)
経堂という街を、店まで駅から5分で着く所を約30分も廻りに廻ってようやく到着…(汗)
自分って方向音痴なのかも…と思い始めている最近。
こちらの「らあめん英」はしっかりとしたコクの強い豚骨ラーメンが評判のお店ですが、
またまた結論から申しますと「おすすめ」なのです。
e0056676_3113460.jpg

正直今日は豚骨ラーメンはそれほど食べたくなかった…
それでもスルスルあっというまに完食です。
自分的には豚骨ラーメンのもっとも重要なお店になった…
そんな率直な感想です。

濃さがあるんだけど来る人、来る人みんな「こってり、バリカタで…」なんだよなー…
まあ若い男ばかりですが…お店のスタッフさんの印象もとても良いです。

で…「らあめん」と「味付け玉子」をオツマミで頼みましたが、まずツマミで出てきた味付け玉子に驚き…というかその量の多さに逆に「あれ?椀にスープが入って玉子が二つう?
もしかしてここに替え玉みたいにラーメン入れられるの?」と不安になりましたが
「いやいや…いくらなんでもそんなハズは無い」と思い直すのに頭の中をぐるぐると
試行錯誤(笑)
いろいろとぐるぐる考えていると、すぐ店員さんの「ラーメン作り始めちゃっていいですか?」
の一声…
「あーよかった(安堵)」てゆうかオツマミで煮玉子をおつまみ追加で頼んで玉子が二つも
入ってるのは普通やないですな(笑)
しかもスープにたっぷりと入りきざみアオネギと煮豚まで入っちゃってるんだから…
e0056676_3115490.jpg

良いお店は旨いだけじゃなくボリュームも惜しまないのですよっ(≧▼≦;)
肝心のラーメンも見事な完成品なのです。
濃いのだけれどもくどさを感じさせないすっきり感もある白いスープにかなり白く細いメンマ。
スープに負けない固めの煮玉子に鮮やかに青いきざみネギ。
たべると判るひっかかる所を一つも感じない全体的なバランスのよさと
隙の無い豚骨です。
小田急乗ったら経堂に行こうね(^0^)/
by one-thug | 2006-09-29 03:14 | 外でごはん
西麻布 五行 (西麻布)
一風堂の系列店だとか。日曜の夜23時になろうかという西麻布の青山霊園寄りの
裏手に一見ラーメン店には全く見えないカフェか、ダイニングレストランのようになたたずまいのお店であります。
日曜深夜で廻りはシーンとしてるのに、此処だけ賑やかで活気があります。
六本木も近いし場所柄ですか…
しかし店の客も業界っぽい感じの人などいかにもです(笑)

焦がし味噌ラーメンを注文。
強烈な印象の黒一面のまっ黒け。器まで黒で一見するとラーメンなんだか
わかりませんf^_^;
e0056676_2575566.jpg

この黒さはラードを焦がしたものだそうで、ベースのスープと重なり複雑な味わい
を生み出し、特有の苦みと甘みのバランスがいままでには無かったようなオリジナリティを
生み出しています。
麺は自家製のようで沖縄そばを思わせるような白い中太のストレート。
スープがスープだけに具材のセレクトはとても難しそう・・
自分の印象としては具材が負け気味。
水菜のような繊細な具よりは…と感じましたが、トッピングを別注文しろという事なのかなf^_^; 麺は大盛無料だとか。
場所柄か夜遅くまでやってるし、なかなか使える重宝するお店だと思います。

ラーメンを食べ終わると、にぎやかに飲んでいる若い人達を横目に・・
店を出ると、青山霊園を抜け六本木ヒルズを横目に。
e0056676_311135.jpg

by one-thug | 2006-09-29 03:03 | 外でごはん
茂木 (三軒茶屋)
三軒茶屋から徒歩3分、246沿いにあるワンタンに自信の中華そばの店。
一見、店のなりは目立たずいたっておだやかだが、あっちあち、ブリブリの肉詰めワンタンは食べ応え大。
このお店、けちらずワンタン載せを頼まなきゃ僕的には嘘です。
入店する人、入店する人普通のラーメンしか頼まないんだけれでも・・
e0056676_16423720.jpg

麺は加水率高めの細麺(吉田食品)
メンマは色の濃い目の大きく平たいものと細いものを不均等に入ったもの。
スープはあっさり目の醤油豚骨だがほどよくコクある醤油豚骨がしっかりした
塩味の味付けの肉詰めワンタンによく合っている。
それほど夜遅くまでやっているわけではなさそうだけども
ワンタンとビールで一杯も良さそう。
おすすめ。
e0056676_16425031.jpg

by one-thug | 2006-09-28 16:45 | 外でごはん
えぞ菊 (高田馬場)
 場所は早稲田。学生の街…なんでしょうが
いかにも学生街という感じでも無いあたり東京らしいのでしょうか。

札幌味噌ラーメンの伝導師「えぞ菊」に来ました。
味噌ラーメンが食べたくなったら来て間違いなしでは無いでしょうか。
みそ汁とは勿論違うその濃い味噌スープは自分が日本人である事を再認識させてくれます。
自分は味噌ラーメンに入っているワカメが好きなんですよねー
e0056676_348314.jpg

ワカメはさておき、全体的に量が多く、ボリューム十分です。
シャキシャキしたもやしの量は特筆すべきインパクト
全体的に、このボリュームで大盛言う人がいるんだから呆れます(笑)

やはり名店はその一杯のボリュームもコストパフォーマンス絶大です。
メニューには、「ヤングラーメン」なるものも1.100円で上がっており、全ての具材が
大盛なんだとかf^_^;
早稲田の体育会系学生が食べに来るのでしょうか…
今時ヤングと言う文字自体それほど見られるもんじゃありません…
30年ほど前、世に札幌味噌ラーメンを知らしめ今やハワイ、バンクーバーにまで支店を持つ
まさにラーメン店の吉野家と言えましょう。
e0056676_3493129.jpg

by one-thug | 2006-09-27 03:49 | 外でごはん
六厘舎  (大崎)
並ぶのは予想してたけど予想以上。
金曜日だしテレビにも最近また出たし、タイミングも悪いかも。
とは言え待ってて気付くがどうやらいつもこんなもん…らしい…
まあ休日に訪れた自分はまったり軽く1時間待ちました。
まあ此処まで待つ程の物じゃないかもとは思いつつやはり気になる評判のつけめん。
勢いのあるマスコミ頻出のお店だけに列ぶのは仕方ないかf^_^;
夕方までには締まってしまう訳にはスープが無くなりり次第というよりは
廻りの近隣住民への影響も配慮しての事ではとも思うのですがさて…

注文は列んでる際に。また10席少し?しか無く、一度客を全て完食させ退店後に
また店に通してゆく。

あっ…あじたまのトッピングを頼み忘れた(笑)
e0056676_529285.jpg

つけめん750円。
浮かせた魚粉を混ぜ、細めメンマやチャーシューを適度につまみながら汁を啜るように
麺と同時に口に含みつけめんの時は特に汁椀を持って食べるのと、そうでないのとで
は差が生まれると思いいつもこの食べ方決めてます。
この食べ方だと完食時にいつもスープが調度、麺の完食と同時くらいに無くなるので…
食べ進める内にスープのひつこさは感じさせないにも関わらず、まったりと脂分と
魚介豚骨特有の濃いスープが太くコシのある麺と絶妙のバランス感覚を生み、
まさに味にスキが無いf^_^; のです。
「これは列ぶわっ…」
やはりつけめんのトップを地で行くと行って間違いなしでしょう。
こうゆう店でたべると帰り道のなんと脚取りの軽い事か(唖)
とにかくしっかりと濃いけども、くどく無く。
また麺との調和もばっちりですぐに又食べたくなる…
ラーメンフリークでなくとも列んで損無し。
e0056676_5302139.jpg

by one-thug | 2006-09-24 05:30 | 外でごはん
二代目海老そば けいすけ (高田馬場)
先月ある日に東大赤門前にある黒味噌の「初代」のほうにも一度訪れたです
がちょうど閉まった時間に着いてしまい悔しい思いをしたのですが「二代目」として海老そば、
なる物をラーメン屋激戦の高田馬場に出店しているとの事を知り仕事が早めに終わったので
行ってみた…

店にはいると海老の強烈な香りの充満した店内にびっくり。
こんな店は初めてでした。とにかくオリジナリティに溢れ、その随所に個性際だっており、
そのこだわりは器にまで現れています。
e0056676_18391949.jpg

海老の香りを逃すまいとワイングラスのように器の淵が高く覆いかぶさり驚きです。
(実際効果的に香の印象を強めています)
前回の不如帰が貝汁でハマグリスープでしたが今回は海老の香りが圧巻のインパクトで
具材もメンマではなくザーサイ?にオレンジのような柑橘系の皮と複雑な味わい。
またトリモモのような脂の載った皮付き肉が旨く、海老のスープと合っています。
(この肉の追加トッピングをメニュー化希望f^_^;)
またこの旨味たっぷりのスープを堪能する為に用意された巨大レンゲにも驚き。
(出された時はスープに隠れ解らないがスープから抜いて初めてそのデカさに驚く)
e0056676_18403777.jpg

 「渡辺」や「ラーメン二郎」など人気店が多数ある高田馬場で開店するだけではなく
成功しようという店主の意気込みを強く感じるラーメンで一食の価値アリ。

又こちらのお店、席は10席程のカウンターのみですが、その内満席になるかもです…
そんな可能性を充分に感じさせてくれたしこうゆう店が繁盛しなきゃ嘘だと思います。
場所柄学生が多く若い女性客も多そうで、そういった人にもウケは良い店かなと…
(ラーメン普段食べない人にも目からウロコかも)
by one-thug | 2006-09-22 18:42
不如帰 (幡ヶ谷)
場所は幡ヶ谷。
この駅、何年ぶりに降りたやろう…

黒を貴重とした店内はなぜかヒップホップがかかってるのがなんとも良い。
店の雰囲気からどうも常日頃かかっているような…なんか90年代の曲でいかにもな感じ(笑)
2PACのアルバムがかかってたんだけどウエッサイな感じで、スタッフさんは
黒いツバありの帽子かぶってるし…さてはウエッサイファンなのかな…
e0056676_1413260.jpg

 無加調のスープはハマグリがベースという事で店先の看板には貝汁そばの文字が…
褐色に澄んだスープは豚骨と搾り醤油を使ったトリプルスープという事でハマグリの強い特有の香を期待してましたが醤油の塩見もありそれほど感じられませんでした。
とはいえこれ以上淡くなると日本そばのようになりラーメンではなくなってしまいそうだし
難しい所なのでしょうか。
 
 最近お店のメニューを見るのが好きです。
結構どこの店もメニューには力を入れて、うんちくやこだわりがいろいろと書かれてますよ。
今日はメニューに見つけたはまぐりご飯を試したかったのですがこのシーズン夜はやっていないようでした(残念)
幡ヶ谷の路地裏もなかなか良いなあ
e0056676_141925.jpg

by one-thug | 2006-09-20 01:42 | 外でごはん
Pour-cafe  (銀座1丁目)
 石神本の紹介店を巡るラーメン店めぐりも気づけば22店ほどになろうとしています。
店まで行ってその一杯にありつけなかった事もたまにあったりと
山アリ谷アリなのですが、本に載ってる掲載店の内とりあえず都内紹介されている店を
全制覇したい・・そんな思いを抱き始めています。

それはまるで昔、子供の頃に国鉄がやっていた「チャレンジ2万キロ」?でしたでしょうか?
(知ってますか?知ってる人は30代は確実ですが・・しきりに国鉄もCMやってましたし・・)
駅でその駅ごとにおいてあるスタンプを出来るだけ押して集める・・みたいな。

そんな感覚に近いような気がしてきました(笑)
ある程度進捗してくると、どうしてもスキマを埋めてゆきたくなるのは
人間の性なんでしょうか・・

 さておき銀座のPour Cafeに行ってきました。
大沢食堂もラーメン屋ではありませんでしたが、ここもそうで
こちらは本当のカフェです。
場所柄「あんまりラーメン食べる人おらんやろ~・・」
そんな感じです。

メニューを見れば、いわゆるカフェの定番メニューが並ぶ中に
どどーんと「山形水ラーメン」お薦め!の文字が目立つ場所にはっきりと書かれ
お店側としては結構客にぜひ試して欲しい一品なんだなという事が
よく判る取り扱われ方です。
e0056676_3312437.jpg

冷やしなので、寒くなる前には食べておかねばと思っていたのです。
スープがそのまま凍りついた氷状の物が鉢のど真ん中にどどーんと鎮座していて
とてもクール!
スープはとてもあっさりとしたさっぱりスープで、麺のコシが強く伸びるような冷やし麺が特徴的。ただ場所柄、女性をターゲットにしているのは明らか。
普通のラーメン店廻りをしている者にとっては物足らないと思います。

まぁーカフェですから・・

とにかく銀座で結構夜遅くまで開いており、本場の山形ラーメンが味わえる
数少ない貴重なお店。
by one-thug | 2006-09-18 02:09 | 外でごはん
ら~めん ぽっぽっ屋 (小伝馬町)
 店名にご注意。「ぽっぽ屋」ではなく「ぽっぽっ屋」なのだ(笑)
(舌っ足らずの自分は、発音出来ませんが・・)
 
 場所は小伝馬町。まさにビジネス街どまんなか。昼ご飯時間にはサラリーマンが並ぶ姿が
容易に想像でき、サラリーマンが読むような週刊誌や新聞にも頻出紹介されるお店のよう。

分かりやすく例えればやはり「ラーメン二郎」に近いと言ってしまう事になるか…
しかし一つ一つのパーツを取れば違いは明らか。
ラーメン二郎よりもボリューム控え目でスープは甘辛く、味も軽目に食べ易く感じた。
麺は二郎よりも太い?四角い断面の麺で食べ応えのある麺です。
e0056676_2133248.jpg

上にボリュームよく載っている玉葱のザク切りした(大きいみじん切りというか。。)
食感と甘みがスープとの相性がよく美味です。
又こってりと言っても、食べた後にもたれる様な感じは全く無いです。

この手のラーメンってやけに麺が太いせいか、スープがやけに少ない。
いつも始めにスープとずずっと行きたい自分としては、そのような事はとても
やり難いラーメンかもです。
自分が行った今回。量は期待したほど多くありませんでした。
これなら大盛りにしてもよかったかなと思った程度でした。
e0056676_2142082.jpg

それにしても、ここのお店の店員さんの威勢のよさは群を抜いているというか・・
背中越しの壁が近いわ狭いわでその声が威勢を上げる度に店内響く響く・・
by one-thug | 2006-09-16 02:19 | 外でごはん