<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
〇きら (五反田)
前から気になっていた、「き〇ら」の黒いラーメン。
やっぱりコレは好みですね・・
細くて硬さが程よいプツプツと歯切れ良い麺と 
黒いスープはイカ墨が入っているのは食べれば直ぐにわかります。
とても香ばしさのあるスープで、バリコテだと背脂がかなり乗るようでしたが
自分はこの手のあまり食べないので、止めておきました。

e0056676_1481886.jpg

あとギョーザは自家製を謳うだけあってなかなか美味しかった。
カリっパリの皮にプルンとした食感でさすがにビールが飲みたくなった(笑)
by one-thug | 2006-07-31 01:48 | 外でごはん
ネイサンズ (広尾)
自分はこうゆうファーストフードもたまに無性に食べたくなるほうです。

食べたくなりませんか?

これも物心ついたときにはマクドナルドやロッテリアが既に一般的になってる世の中に
生まれた性なんでしょうかね・・

今日はたまたま仕事で麻布(広尾)に行く用事が出来たもので、ナショナルストアの
帰りに通りすがりで見つけた手狭なこの店を見つけて、いままで見た事が無いファーストフード店で気になって入りました。
ホットドッグメインのファーストフード。
普通僕達が知っているのはハンバーガーショップでしょ?
ココはハンバーガーは端に追いやりホットドッグが当然メイン。
「へー」と僕は思いますね。
アメリカでは別に普通なんだろうけど・・
e0056676_315263.jpg

面白いなと思ったのは、トレーの上の紙にはお店の歴史が書いてある。
英語なんで詳しくはわからなかったけど1917年にNYのコニーアイランドで出店した一号店が
このネイサンズの始まりだそうで・・
そもそも当時のニューヨーカーたちは夏にこぞって休日などにコニーアイランドに行ったそうで
そこで食べられ始めたのが、ウィンナーソーセージにザワークラウトとパンで巻いた物を食べ始めたのがホットドッグの始まりらしい。
「ホットドッグの元祖はわれわれネイサンズだ」と言いたいのも判るような内容(笑)
こうゆうのもアメリカらしいですよ。そうゆうのが楽しいと思います。
あと「これはイイ!」と思ったのはポテトを刺す赤いフォーク。これは手が汚れず
便利だなぁ~。
e0056676_3205926.jpg

ポテトにケチャップをかける人にはなおさら便利でしょ?
日本に来ているハンバーガーショップだと何処に言ってもフレンチフライのポテトは何処も
形は似たりよったりで普通に細長い形。
アメリカに行くと結構このポテトの形が店ごとに違ったりしますよね。
以前行ったロサンゼルスの地元のバーガーショップはスプリング型のフレンチフライだったのを今でもよく覚えています。
あと日本では今でも少ないオニオンフライって未だにこちらでは浸透しないのは不思議だ・・

美味しいのにね(笑)
by one-thug | 2006-07-30 03:26 | 外でごはん
豚そば家 〇大(自由が丘) 
ひさしぶりの自由が丘・・
5年ぶりくらいのような気がする。
変わったなぁ~という印象。なんか、インテリアショップや飲食店など
お店が増えましたよねぇ。

自由が丘のEXワインセラーに行く途中にちょうど立ち寄れる位置に「豚そば屋 大〇」発見。
今回は、つけ麺を頼んだのですが正直普通のとんこつラーメンにしたら良かったかなと
頼んだ後で後悔しました・・
別に出されたつけ麺が好みじゃなかったとかいうのでは無く
その時に食べたかったのは、普通のトンコツラーメンだったのでした・・
なのに
「人気のつけ麺。」

の文字におどらされちゃったんですかね・・
「せたが屋」の方が出店された、とんこつラーメン屋ということで
多少並ぶ事は覚悟していたのですが
すんなり入店。
半熟の玉子を箸でつぶして軽くかき混ぜて黒いスープをすするように美味しくいただきました。
e0056676_422984.jpg


盛ってあるネギの味が今ひとつ感じられないくらいの濃いつけ汁でした。
出る頃にはなぜか・・入店客の列が・・
今日はちょっとツイてたかも。。
e0056676_435452.jpg

by one-thug | 2006-07-29 04:07 | 外でごはん
〇ザミ・デ・ヴァン(銀座)、〇華(中目黒) ~ゴージャス&チープ~
たまにはこうゆうお店も良いものですね。e0056676_4232462.jpg
食事もワインのなかなかGOOD!でした。
(お会計も自分の財布としては高価な物ですが、内容に見合っていると高く感じない
ものですね)いきなりですが飲んだワインは・・

①オーガニック DomグリオットのVDT
②オリビエ・クーサンのロゼ・ダンジュール
③マニエル・ノワロのヴォーヌ・ロマネ’99(1erレ・スショ)
④ミュスカ・ド・リュネル

オーガニックに強い品揃え。一杯目に飲んだロワールのVDTはニコラ・ジョリーにも似た
褐色を帯びたその液体はまさにナチュラルでした。(とは言え一杯目の選択としては、泡物のほうが◎だったかも)

二杯目はロゼ・ダンジュですが貴腐菌のついた変わったロゼ・ダンジュ。
濃縮感のある普通とは違うロゼ・ダンジュでした。その時の前菜が「夏野菜のナージュ」
フルーツトマトのような甘みのあるプチトマト、赤ピーマン、皮を除いたナス、ズッキーニなどの
冷製。夏らしい甘みある野菜との相性が◎でした。
そこに「エスカルゴのクレープ包み」・・・これが最高でした。
ピリカラの赤いソースがアクセントとなり味にインパクトを与えぱりっと軽く薄い皮で包まれたその濃厚なエスカルゴバターは芳醇でその食感も絶妙!たまらない・・(以下自粛)南仏のアルコールボリュームのある白にすればよかったでしょうか。

メインは牛の頬肉で粗塩程度の味付けしたもの。サンテミリオンの赤などが一番良かったか・・
たまたま開栓されていたヴォーヌロマネのレスショ99年をセレクトしました。美味しかったです。ただ、合っていたか、いなかったか?で言えば△・・だったかな。
4杯目でリベンジ!
ミュスカドリュネルでショコラのデザートをセレクト。
これは最高のマリアージュ!・・でした。(もうちょっと早いタイミングで、尚且つ温度を低くサービスして欲しかったですがそこまで言うのはお会計から言っても過言でしょう)

帰宅し以前から気になっていた近所のラーメン屋。
「〇華」へ・・
e0056676_4234168.jpg

500円の「らーめん」
すっきりとした醤油とんこつ。
次は全部のせのような「菊〇ラーメン」750円にしよう。
by one-thug | 2006-07-28 04:24 | 外でごはん
〇ジヤマ製麺(中目黒)
「つけめん」です。
近所にあるし、たまに訪れる店。
こちらはつけめんがメインのようです。

麺は太く(まさに二郎並み)酸味のあるダブルスープ?でナルトを見れば
つけめんを世に広めた、ラーメン屋さんの救世主「大勝軒」を思い出す味。

夏季に売り上げの上がらないラーメン屋さんはさぞ、このラーメンファンのつけめんの定番化には救われたのでは?と想像に耐え難くは無いわけで・・

つけめんはたまに食べますが、結構店によるバラエティやその試行錯誤は
普通のラーメン以上だと思う。

というかまだ店側も模索しながらいろんな物を客に提供しているし
自由度が通常のラーメンよりも創造性豊かで店の個性を発揮する場・・
というのが食べさせてもらっている側としての自分の「つけめん」に対する印象です。

e0056676_5224966.jpg

by one-thug | 2006-07-25 05:23 | 外でごはん
明るい農村 (さつま霧島酒造)
自分これ好きなんですよねぇ~

基本的に芋はお湯割り派なもので
夏の時期にロックでも飲んで納得の芋焼酎は重宝します。
ロックで飲んで「美味い!」と思える芋焼酎はそれほど無いと思ってるんですが

ロックが合うのか、お湯割りして美味いのか、前割りしないと美味く感じないものとか・・
意外といろいろとやって初めて気づく事もあるもので。

e0056676_3151455.jpg



「jewelz」 O.C. ’1997

たてつづけに始めの2曲がプレミアのプロデュース。
このアルバムリリース時のOCへの期待の高さが判る気合の一枚なんですけど。
今時このアルバム聴いてる人ってどれくらいいるのか・・
結構売れてるはずですがOCの地味さが、垢抜けした感が無いのも事実かなと・・

このアルバム「FAR FROM YOURS」fet Yvette michele
があまりにも有名ですが自分は客演にBIG LとBUNPY KNUCKLESが
入っているだけでもう十分ですっ(きっぱり)
by one-thug | 2006-07-22 03:24 | 焼酎(芋)
〇んから(新宿)
こちらの醤油とんこつもかなりの濃さ。
麺は中細で、コシはまずまずかな・・と
(「麺固め」言ったほうが良かったと後悔)

背脂ぎっとりのこの手は、いつでもは自分の胃もうけつけませ~ん。
とはいえこのお店のラーメンは自分は結構好みです。
e0056676_2543466.jpg


あと「これイイ!」と思ったのは
「マイニンニク潰し」。
こんなの初めて見ましたけど・・汗
e0056676_2544873.jpg

このアイデアは良いですよ。

後、角煮が超デカイのだ。
by one-thug | 2006-07-22 03:01 | 外でごはん
〇麺(中目黒) 
ラーメンって一回食べると立て続けに食べたくなるので困り物です。
全く食べてなければ食べようとも思わないのですが、カレーも同じようなとこありますよ。

いぜんからたまに行く「百●」さん・・

一言で言えば「濃いですよ~」とまず。

知り合いのアメリカ人は「Too Grease・・」と表現してました。
脂っこすぎるんでしょうね。
日本人ならではかもしれません。
醤油とんこつなんですけどかなりコッテリ。
細麺はコシがあって好きですけど最近は何も言わなければきっちりと「固めん」で出てきます。
自分は「バリ硬」とかでオーダーしたことはないですが、「これ以上硬いの?」と正直思うんです
けどねぇ
自分はたまに食べたくなります。でも店の前を通っただけであの匂いで店に入れないとさえ
こぼす方もおられますので・・
まぁー好みですよね

e0056676_484764.jpg

by one-thug | 2006-07-20 04:11 | 外でごはん
●るびす (池袋)
やたらとラーメンとカレーにのめり込むここ2~3ヶ月。
その理由は仕事が忙しくなりはじめたのが原因の一つなわけですが
(もう店で食べて帰ってすぐに寝よう・・みたいな)

そこに至るにはやはりきっかけになる一皿や一杯があったり
するわけです。

「思いがけない始めの一皿」については後日にするとして
本日は「え●びす」さんで醤油ラーメン(中盛り)を食べました。
たまに店の前は通るのでいつか食べようと思うだけで、入るまでには至っていなかった
のですがようやく入店(笑)

カップ麺にもなった有名店なわけで、味があるけどやさしい味という印象を
持っていましたが、豚の背脂がとても好印象の一杯でした。
あっさりしたスープに背脂がとてもアクセントとなっている味でした。

麺は中細のちぢれ麺でコシのあるもの。
後、チャーシューが食べる度に程良くほぐれながら麺に絡まるのが良いです。
e0056676_3193877.jpg

by one-thug | 2006-07-19 03:25 | 外でごはん
萬座(恩名酒造) ~夏ですから・・~
暑い日と、長雨の日が交互につづきます。
変な天気は合いも変わらずですが、気分だけは夏だ!みたいに
気持ちよく過ごす事が出来れば・・

食べる事で季節を感じる(旬を味わう)っていうのはいかに大事かという事を
ここ数年になって感じることができる歳になったような気がする・・
(歳取ったかも笑)

やはりスローフード・・か!(ラーメンやらカレーばかりを食べてた最近の自分を省みる
きっかけを友人からもらった埼玉越谷で出来た枝豆を茹でる・・という作業で
気づく事が出来た!)

初めて枝豆を茹でた(汗)4分以内で茹でて成功!(4分超えると美味く無いとかってどこぞに
載ってました・・てゆうか4分じゃスローフードちゃいますな)

酒器は稲嶺盛吉という琉球ガラスの職人によるもので
冬の間、「これで夏になったら泡盛を」と考えてた物です。
酒器は使い易さが大事だと思います。
(ワイングラスもしかりで見た目で選ぶと失敗も多いです。後で使わなくなって後悔したりする物で・・)

豆類はお酒の最高のつまみの一つです。
枝豆はビールと思われがちですけど、麦焼酎には特に合うのでは。

木の器は岩手の三本木工芸というところで作られたものでお気に入りの器。
木をくりぬいて作られた物で結構大事に使っている器です。

万座、恩名酒造さんは常圧蒸留の味のある泡盛を作る小さな蔵です。
今回購入した普通酒の万座はラベルに万座毛が清清しく
飲むたび、ラベルを見るたびに「沖縄行きたいなぁ~」・・と一瞬涼しげな
印象を感じさせてくれる写真がラベルに載っていてお気に入りです。
e0056676_3243039.jpg

by one-thug | 2006-07-18 03:42 | 焼酎(黒糖・・他)