燈の車 (狭山市)
 狭山市駅から徒歩10分くらいか…
国道沿いを延々歩くと静かな街中に店が国道沿いに現れる。
場所を探していると街の人が向こうから自ずと何処を探しているのか尋ねて来る。
優しい人が多い土地柄なんやろか…
店内は狭く9席程と狭くいたってシンプルな店構えでラーメンを作り食べる以外の事は一切除外されたような店内だが店の雰囲気が良いのは切り盛りする若い店主二人の人柄と接客の賜物である事は初めて来た自分にも容易に想像出来る。
e0056676_14125100.jpg

店には洋楽のPVがテレビで流されているのは珍しい感じ。
メニューもいたってシンプル。
基本らーめんと、つけめんにそれぞれ特製がメニュー化されている程度。
プラス、カレーつけめんがメニューにはあり気になるメニュー。
カウンターで自分のラーメンが出来るのを待ちながら店主の手元が見通せるカウンターは
まさに絶好のポジション。
店主の手元を見ればいかに手抜きの無い丁寧な仕事かは素人が見ていも判る。
チャーシューを一枚一枚丁寧に焼き上げてゆく手元、小鍋でスープを合わせる店主の表情、
奥さんが湯切りする動作、どれも一つ一つがフル回転フルスピードなのだけども
丁寧に一杯一杯仕上げてゆく姿は真剣そのものなのだが、客へ対応の際はその表情が
にこやかに一変する。
e0056676_1425344.jpg

当然居心地も良くラーメンも美味と言う事なし。
スープは魚介の適度なインパクトの魚介豚骨ですっきり感がありスープの色は薄め。
麺は太さ不揃いの平麺が特徴的。
旨味たっぷりのスープを平麺が良く持ち上げてくれる。
ボリュームたっぷりの薄めに焼かれたチャーシューは、チャーシューだけ食べながらビールも旨いようなチャーシュー。あじたまは固めの黄身。
メンマも仕込みに時間をかけたかなり手の混んだ物でやわらかシャキシャキ。
かいわれが彩りを添える。ここまで来たかいあった
(^0^)
by one-thug | 2007-02-17 01:43 | 外でごはん
<< はるばるてい (経堂) トーフラーメン 幸楊 (西浦和) >>