麺や 多久味 (船堀)
  こちらも二ヵ月程前に一度、車を走らせ訪れたが閉店直後でヒモジイ思いをさせられた店だが、今日はちゃんと時間見て来たので大丈夫だった(f^_^;汗)
ラーメンの前に生を注文した。
そしたらこちらのお店お得意の「戻し貝柱」の小皿がビールのツキだしとして出た。
e0056676_3105423.jpg

ピリ辛に味付けされたなかなか美味な一品でビールが旨い。
特別ラーメンに関心の無いお客ならこのほぐし貝柱が塩スープのダシに使われている
物だとは気付かないんじゃないだろうか…
カウンター内では若い店主とおぼしき主人が自ら麺を茹で盛り付けている。
これが嬉しい。
やはり店主自ら腕を振るう店のラーメンはスープや麺の味にぶれがあまり感じられ無い
事が最近解ってきた。
店主が自ら腕を振るう店のラーメンには手抜きが本当感じられない。
また真剣に麺を盛る姿がまたカッコイイのだ。
「つけ麺しお味」を「あじたま」と自分のつけめんの時の好物シナチクをトッピングで注文。
出てきてまずぶっといシナチクに感動(笑)
e0056676_3111369.jpg

おもわず「これこれ…喜」と。
またあじたまが黄身がかなり濃い黄色。「これまたうまそう…」
肝心のスープは白めの色合いで薄めに魚粉が浮き、「これが貝柱の戻し汁をふんだんに使用した噂のスープか」と思わず唾が出るわけで…
太いシナチクを一本一本麺と絡ませながらスープを一緒に啜りながら麺を噛む
弾力あるモチモチ中太麺と比較的軽目に見えるスープとの絡みも善く、
「こりゃ旨い…」で一瞬で感激完食。

「いやー東京メトロと都営新宿線乗り継いで来たかいがあったなあ… 」

基本的には今流行りの味だと思うがスープにこういったオリジナリティも出しつつ、
この店ならではの物をこの店主もこれから産みだして行くのでは?という店主の情熱が
店内に居ても伝わって来るし、店自体は決して凝ったところが全くないが
居心地も良く又来たいと思う店。
あじたまも黄身がまったり味が濃く最高のあじたまでした・・
行くべし!
e0056676_3112678.jpg

by one-thug | 2006-11-03 03:16 | 外でごはん
<< たけちゃんにぼしらーめん (... 蘭丸 (西大島) >>