けんけん (京成 立石)
 京成立石、東京東部の下町を感じさせてくれる。
関西から来たなんにも知らない天然君には駅前の立ち飲み街などがあり
そこはなかなかの新鮮であり雰囲気も街のそこかしこに江戸っ子風情の
ような物も感じさせてくれる街です。
e0056676_332811.jpg

「けんけん」さんの看板には粥の一文字が大きく書かれ、こちらは粥と中華そばの
評判が良いのです。
お店の壁には歴代ラーメン王のサイン色紙とともに掲げられたメニューには油そば、
つけめんもお勧めされていて食指が伸びそうになるんだけれどもそこはぐっと堪えて
中華そばと粥のセットを注文。
見た目にも「あれ?なにも具が入っていないただのお粥?」
と一見思えてしまうその粥。
とにかく味がとても繊細のような粥を先に箸を付けました(ラーメンが伸びても困るので
早めに食べる)粥って取り立てて食べたくなるような物でもないと今までは思っていたが
これはまた食べたくなるに違いない。
ホタテのスープが最高の味を出していてほぐれたホタテの身とともに最高のご馳走に
なっているのです。
これだけで注文する方がいるのも納得です。
e0056676_321177.jpg

 ラーメンのほうも素直でとても優しい味だけど随所にアクセントを付けた味わいは飽きのこない味でありこれまた足しげく通う地元のファンを虜にしているのだと思います。
エビワンタン入りにしましたがなかなかのエビップリプリの海老の甘みほのかに
海老のすり身団子が包まれた優しい味わいなのです。
子供と来ても良い店ですね。東京にはこういった中華そば=シナソバの良い店が
沢山あり街に根付いた古い店もかなり多いようです。
(写真は「ガッチャン」=煮込み。関東は煮込みが旨いよね)
e0056676_3315284.jpg

 やはりラーメンは東京のほうが大阪よりも旨いのではないだろうかと考え始めているのです。
そもそも関西は四国から来た方達のウドン文化の影響が色濃く、
ウドンよりも蕎麦派の自分にとっては東京のほうが嬉しいのかも知れません。
うどんを昼に食べる人も関西では多いですが自分はどうもなかなか食べようという気にさせてもらえず温かい汁ものにしても蕎麦を選んでしまいます。
母方の田舎が島根っていうのもあるんでしょうか?父方の田舎もウドンは出ません。
母方は色がかなりこゆい出雲そば(信州そばとはまた違いますね)父方は蕎麦麺が太くかなり短いそばで山で取れた猪の肉なんかが入る温かい蕎麦だった記憶があります(もう小さい頃に食べたきりなもので…)繋ぎが弱くぽろぽろした感じの蕎麦なんだよなあ
by one-thug | 2006-09-02 03:34 | 外でごはん
<< 蒙古タンメン 中本 (池袋) ... 黒兵衛 (六本木) >>